手とこよみ

手のひら(手相)、九星気学、算命学から感じたもの     日々思ったことを綴るブログ  神戸在住

2019年01月

明日は2019年になってから初めての天赦日です。


天赦日とは、

***********

てんしゃにち、てんしゃび。暦には「天しや」と書かれ、選日にも書かれる。
この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろず)よし」とも注記される。
天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回ある。

wikipediaより

***********

説明を読んだだけで、ありがたくて幸運な日だとわかります^^

・結婚・入籍・引っ越し・開業…などなどの縁起を担ぐには最上の日。


そして一粒万倍日とは、

***********

一粒万倍日、(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は選日の1つである。単に万倍とも言う。
「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。

wikipediaより

***********

金運がラッキーな印象。宝くじ売り場に「本日、一粒万倍日」と大きな張り紙が貼ってあるのをよく見かけます。


2019年の天赦日は
1月27日、
2月10日、
4月11日、
6月26日、
9月8日、
11月7日、
11月23日の7日。

この中で天赦日と一粒万倍日が重なる日が
1月27日、
6月26日、
9月8日の3日。

しかし、すべてに吉という日がほとんどないのが暦の注意点で、1月27日と9月8日は不成就日が重なっています。


不成就日とは、

***********

不成就日(ふじょうじゅび、ふじょうじゅにち)とは、選日の一つである。

何事も成就しない日とされ、結婚・開店・子供の命名・移転・契約・芸事始め・願い事など、事を起こすことが凶とされる。市販の暦では他にも色々なことが凶となっていて、結局は全てのことが凶ということになる。

wikipediaより

***********

天赦日の効果を真っ向から否定するような説明で…(^^;

人生を左右するような大きな決断は不成就日が重なっていない天赦日を選択するのが無難ですね。


いちご飴

スーパーでいちごが安かったので、いちご飴を作りました。

甘酸っぱいいちごとパリッとした飴がおいしくて、縁日の屋台に負けてない味でした^^


明日は2019年に7回しかない天赦日のうちの貴重な1日なので感謝してすごそうと思います。

こんにちは。


今日はいう(ちゅう)についてです。


とは干支を時計の文字盤に子、丑、寅…と当てはめて順にならべたときに反対側にある干支との関係のこと。
対冲(たいちゅう)というときもあります。

子午

子と午は冲の関係。


丑未

丑と未は冲の関係…とみていくと、自分の干支の冲がなにになるのかがわかります。


対冲

この冲の関係は、ひと言でいえば「どうにもまとまらない関係」です。

たとえば冲のあるカップルは前世では敵同士だったくらい仲が悪くケンカが多かったり、すぐに揉めるので協力して物事を進められないことが多いです。

自分が持っていないものを持った相手なので付き合っていく中で新しい発見を得られるかも…な関係。

ただ、結婚してからもケンカは多いのでそのあたりは覚悟のうえで(^^;


夫婦で冲があると、ケンカで揉めて当然。離婚すると来世へ因縁を持っていくことになるので、仲良くせずに添い遂げるのが良いです。つかず離れず、相手が困っているときには助けてあげる程度に一緒にいるのがいいのではないでしょうか。夫婦で命式に冲があるのは仲が悪いなりに何かの縁があるのだなと感じます。

そして、親子で冲がある場合は対立関係です。子供が親に対して常に反発心を持つので、それを親が理解してあげられるかどうか。
親子で反発しあっている場合は、命式を調べると冲があるかもしれませんね。


私の友人が「1人目の子供が6歳になったときに2人目の子供が生まれて、歳が離れてるから上の子が下の子を可愛がるだろうなーって思ってたのに毎日ケンカばかりで全然仲良くしない」と話していました。
上の子が6歳のときに生まれた兄弟は冲の関係なので仲が悪くても仕方ないです(*_*)
「どうして兄弟でケンカばかりなんだろう」とモヤモヤしていても冲のことを知って、相性が合わない関係なんだから仕方ないと思えるようになったら少し気が楽になりそうです。
「冲があるけど仲がいいよ」という人はラッキーですね^^



また、冲は年・月・日・時間すべてに関係してきます。暦では2月3日までは戌年なので、命式に辰がある人は辰と戌で冲の関係になります。


人との相性や自分の運勢にも関わってくる冲は算命学でも九星気学でも非常に重要なので覚えておくとふとした時に活用できますよ。

昨日は大寒でしたね。

寒い中、海に入って修行をする人たちをニュースで見ましたが見ているだけで寒くなりました(>_<)

大寒の日に冷水に入ったり、冷水を浴びる禊の行事は各地の神社で行われているようなので一年で一番寒い日に修行すると無病息災や大願成就に効果がありそうですね。


長年冷え性の私は大寒の禊には参加できそうにないですが、滝行には興味があります^^

関西で参加できる滝行を検索してみると大阪、和歌山、奈良に何ヵ所かあるようです。

知人の鑑定士さんが滝行を受けられて「すごく良かった」と言っていたので、ますます行ってみたくなり去年の夏に大阪のお寺の滝行に参加するつもりでいましたが、予定が合わず行けませんでした。

ということで、今年こそ滝行にチャレンジしたいと思います。

ムスカリ
ムスカリ大好きです^^芽が出た鉢を買ってきて土を落とし、水栽培にしました。


きのう園芸店で鉢植えをいくつか買ってきました。

土用の期間中は地植えや花壇をさわれないので、もうしばらくの間は鉢植えやプランターのガーデニングを楽しみます^^

今回は「土用」について書いていきます。
 
夏の土用は丑の日が近づくとスーパーでうなぎの蒲焼きが売られ、ニュースでも土用の話題になるので今が土用か~と、なんとなく知っているかたも多いと思います。
 
土用は季節の変わり目にあり、1年のうち春・夏・秋・冬の4回あります。

土用

上の写真は九星気学の後天定位盤(こうてんじょういばん)です。

九つのマスの中の数字は九星の星をあらわしています。
 
今は1月なので丑の月。

2月は寅の月、3月は卯の月…というようにそれぞれの月には十二支があてられています。

その中で土用は1月の丑の月、4月の辰の月、7月の未の月、10月の戌の月にあります。


丑(うし)、辰(たつ)、未(ひつじ)、戌(いぬ)は土の性質をもつのでその月に土用があって覚えやすいですね。



本日1月17日に2019年の冬の土用入りをしました。

土用は18日間続くので、来月の2月3日の節分が土用明けとなります。


土用の期間中は土を変化させてはいけないといわれています。

土(大地)は、天候や人間によって常に変化されられているので、季節の変わり目の土用の期間はせめて土を変化させずにすごそうと自然が伝えています。


家を建てる、家を壊す(建て替え)、植木の植え替えなど土を掘り起こすようなことは避けましょう。
私は土用を知ってからは、花壇の植え替えも控えるようになりました。

植木の剪定は土を動かさないので土用の期間中でも大丈夫です!


また、季節の変わり目は人も体調が不安定になりますよね。
私のまわりではインフルエンザが大流行しています(>_<)
旬の食べ物でしっかり栄養をとって不安定な時期をのりきりたいですね。

土用が明けたら春がやってくると思うと楽しみです。

2月3日の節分まで穏やかにすごしましょう^^









 




三連休最終日のきのうは赤穂へ出かけてきました。

子供がお気に入りの赤穂海浜公園は、小さい遊園地と動物ふれあい広場、アスレチックの公園もあって一日中思いっきり遊べます。

しかもいつ行っても混んでいないのでのびのび遊べるのも良いところ。

観覧車
海沿いの観覧車から播磨灘が一望できます^^

そして赤穂の名物といえば塩味饅頭。

いろんなお店で塩味饅頭を販売されていますが、母が「かん川本舗のが1番好き」と言っているのを子供のころから聞いていたので、刷り込みで私もかん川本舗一択になりました^^

そのかん川本舗で人気NO.2という義士もなかをおみやげに買ってかえりました。

こしあん入りのお餅がさくっとした最中でサンドされていて、おいしいです。

義士もなか

和菓子にはやっぱり緑茶が合います。至福の時間…


↑このページのトップヘ