手とこよみ

手のひら(手相)、九星気学、算命学から感じたもの     日々思ったことを綴るブログ  神戸在住

今回は「土用」について書いていきます。
 
夏の土用は丑の日が近づくとスーパーでうなぎの蒲焼きが売られ、ニュースでも土用の話題になるので今が土用か~と、なんとなく知っているかたも多いと思います。
 
土用は季節の変わり目にあり、1年のうち春・夏・秋・冬の4回あります。

土用

上の写真は九星気学の後天定位盤(こうてんじょういばん)です。

九つのマスの中の数字は九星の星をあらわしています。
 
今は1月なので丑の月。

2月は寅の月、3月は卯の月…というようにそれぞれの月には十二支があてられています。

その中で土用は1月の丑の月、4月の辰の月、7月の未の月、10月の戌の月にあります。


丑(うし)、辰(たつ)、未(ひつじ)、戌(いぬ)は土の性質をもつのでその月に土用があって覚えやすいですね。



本日1月17日に2019年の冬の土用入りをしました。

土用は18日間続くので、来月の2月3日の節分が土用明けとなります。


土用の期間中は土を変化させてはいけないといわれています。

土(大地)は、天候や人間によって常に変化されられているので、季節の変わり目の土用の期間はせめて土を変化させずにすごそうと自然が伝えています。


家を建てる、家を壊す(建て替え)、植木の植え替えなど土を掘り起こすようなことは避けましょう。
私は土用を知ってからは、花壇の植え替えも控えるようになりました。

植木の剪定は土を動かさないので土用の期間中でも大丈夫です!


また、季節の変わり目は人も体調が不安定になりますよね。
私のまわりではインフルエンザが大流行しています(>_<)
旬の食べ物でしっかり栄養をとって不安定な時期をのりきりたいですね。

土用が明けたら春がやってくると思うと楽しみです。

2月3日の節分まで穏やかにすごしましょう^^









 




三連休最終日のきのうは赤穂へ出かけてきました。

子供がお気に入りの赤穂海浜公園は、小さい遊園地と動物ふれあい広場、アスレチックの公園もあって一日中思いっきり遊べます。

しかもいつ行っても混んでいないのでのびのび遊べるのも良いところ。

観覧車
海沿いの観覧車から播磨灘が一望できます^^

そして赤穂の名物といえば塩味饅頭。

いろんなお店で塩味饅頭を販売されていますが、母が「かん川本舗のが1番好き」と言っているのを子供のころから聞いていたので、刷り込みで私もかん川本舗一択になりました^^

そのかん川本舗で人気NO.2という義士もなかをおみやげに買ってかえりました。

こしあん入りのお餅がさくっとした最中でサンドされていて、おいしいです。

義士もなか

和菓子にはやっぱり緑茶が合います。至福の時間…


暦(こよみ)と聞いて思い浮かぶのは、カレンダーか新聞屋さんが年末にくれる高島易断総本部なんとか…の運勢暦でしょうか。

私の愛読書は新聞屋さんがくれるほうの運勢暦です。

と言っても新聞屋さんのは薄くて情報量も少ないので、100均の暦を毎年購入しています。

mimoza

100均とあなどれない内容です。

毎日の暦から、自分の九星を知るための早見表、毎月の運勢などなど108円ですが読みごたえあり。

ブログ用

おやつを食べながら、暦をペラペラめくるのが日課です。

1月17日から冬の土用に入りますね。
土用についてはまた後日の記事で…


↑このページのトップヘ